塾教育と公教育のメリットとデメリット

私教育である塾での学習は、入塾の段階で、目的意識があります。
ですから、学習者の意欲は、だれでも学ぶことが義務である教育に比べて高いと言えます。
しかし、これが友達に誘われてとか何となく自分での勉強ができないからなどという動機では、入っていても惰性に流されてしまいます。
かえって成績を落としかねません。
塾のいいところは、スピードと練習量、そして個別対応です。
学校教育では、理解の過程に時間を割くことが多いため、練習量は家庭学習に頼らざるをえないところがあります。
個別の対応についても、指導方法改善工夫事業として加配された教員による少人数指導で、受け持ちの人数が少なくなったとはいえ、塾の個別対応にはかなうものではありません。
根本を学ぶ、仲間と体験するという意味では、公教育は素晴らしい経験をさせてくれます。
また、勢い、繰り返し学習、目標、個別指導では、塾の方が魅力的と言えます。
経済的には勝負にはなりませんが、子どもの未来のために選択してあげるのは保護者です。